BLOGをご覧の皆様!
島根回春マッサージSAKURA店長の一瀬(いちのせ)です!
いつもBLOGをご覧くださりありがとうございます!

今日は「ホス狂」について書いてみようと思います。

ホストにハマってる女性の事をホスト狂い、「ホス狂」(ホスキョウ)と呼びます。

女性の中には
「なんでホストになんかハマるの?」
と疑問に思う人もいるはず。

その生態と秘密を公開いたします!

ホス狂と呼ばれる女性は、友達からも親からも働く風俗店からも信用されない傾向があります。

生活の全てが好きな担当の為であり、それ以外のあらゆるものを犠牲にして生きています。

平気で嘘をつくし、もう行かない、合わない、別れると繰り返し、相談し、またホストクラブに向かう。

風俗店では、過剰サービスで追加料金を貰ったり、数をこなす為に接客にも手を抜きがち。

月に100万単位のお金を稼いでいるにも関わらず、食生活や生活は質素そのもの。

美容や、健康に気を使わず、美容整形で一気に自分を変えようとする。

これが良くいるホス狂の特徴です。

 

今度は女の子目線でホス狂を書いてみます。

担当に頼まれて、脅されて、酔っ払った時だけ甘えられて、でもほっとけなくて、出稼ぎに行く。

連絡が無いと不安で、ツイッターやインスタをチェックしたり、夜中にポツンと独りになるとホストクラブのわいわいガヤガヤを想像して、寮でじっとしているのに耐えられなくなる。

担当とお店の人以外は全て敵。

誰に相談しても、「やめたほうが良い」「騙されてる」「別れたほうが良い」の繰り返し。

お金を使わずにいると、担当が馬鹿にしてた女の子がいつの間にかエース(一番お金を使う客)になっていてチヤホヤされている。

間違っているのも分かるし、先がないこともわかるけど、今この気持ちが抑えきれなくてどうしようもないから困っているのに、誰もそれをわかってくれない。

相手はホストで私は風俗嬢。

普通の恋愛っていうのは職業で決まるはずじゃないはずなのに、普通じゃないって言われ理解されない。

ハマるつもりも、ハマっている自覚も無かったけど、気付いたら通っていて頭の中のほとんどがホストに支配されてしまっている。

キレられるし、怒鳴られるし、嫉妬するし、頼られる。

色んな感情が複雑に混じりあって、単純に「好き」のような気持ちかどうかも怪しい。

ただ、一つだけハッキリしているのは、関係も含めて担当を「失いたくない」

こんなところではないしょうか?

ホストに通ってハマっている女性の多くは理屈の上でそれが正しいと思っていません。

ホストに大金を費やす自分のことを大丈夫とも思っていません。

売掛け(ツケ払い)の支払いや、バースデーなどのイベントの為にコツコツお金を貯めているのも、本当のところで何のためなのかもわかりません。

世間一般で思われているほど、ホス狂の人達は単純ではありません。

やめれば良い。

行かなければ良いと言う意見が大半でしょうが、そんなに簡単に断ち切る事ができません。

はっきりいうと「依存症」になっています。

やめたくてもやめられない。

依存する対象のせいで社会生活に支障をきたす。

厚生労働省のHPには依存症についてこう書いてあります

Q.依存症ってなに?
A.特定の何かに心を奪われ、「やめたくても、やめられない」状態になることです。

Q.依存症って何が問題なの?
A.依存対象のことを大事にしすぎることで、自分や家族の生活に不都合が生じます。

Q.どうしてやめられないの?
A.コントロール障害(自分の意思でやめられない病気)になってしまっているからです。

Q.依存症って治るの?
A.回復することは可能です!

Q.周りに・依存症かも…という人がいたらどうすればいいの?
A.叱責や処罰ではなく対処法を学びましょう。そして周りにも相談しましょう。

この「依存症」「ホス狂」に置き換えて読んでみてください。

驚くほどしっくり来るはずです。

本人も苦しんでいる立派な病気なんです。

やめたくて、やめられるほど簡単ではないんです。

ホストの仕事とはこの「依存症」を作り出すこと。

アルコールと、色恋の力を借りて「刺激」を作り出し、繰り返し与えたり禁止することで「依存症」を作り出します。

お酒を飲んで限界まで大きな声で盛り上げる!

大勢で囲んで持ち上げる!

マイクを向けて告白させる。

自分に興味をもつ人がたくさん現れる。

色んなお願いをされる。

世間と隔離されている空間で「俺は風俗で働く事を何とも思ってないよ?俺もホストじゃん?」と承認してくれる存在。

ホストの仕事は、生活の中にどのくらい深く入り込み相手の頭の中を自分でいっぱいにさせるかどうか。

怒ったり、笑ったり、脅したり、抱きしめたり、あらゆる手段で感情を揺さぶります。

警戒心が強く疑ってかかる女性には強めのアルコールでガードを下げさせ、信用するまでは誠意をもって接します。

ホストがここまでするのは全て「売上」の為です。

よく混同されがちですが、「お金」の為ではありません。

「売上」の為なんです。

実はこの特殊な世界でホスト自身も洗脳され依存症になっています。

売上の高さのみが、その人の素晴らしさを計る唯一無二の物差しで、顔が良くても、話術に長けていても、ホスト同士のヒエラルキーは全て「売上」で決まるのです。

面白いことに「売上」さえ良ければ、貰える給料がゼロでも満足するホストもいるほどなんです。

「自腹営業」と呼ばれる手法で、売上の締め日に自らのお金で売上をあげるホストがいる始末。

ホス狂を作り出す、ホスト自身も依存症なんです。

毎日大声を出して、アルコールを一気のみし、周りには同じ価値観を共有する人間しかいなければホストクラブに洗脳されてしまっても仕方ありません。

ホストもホス狂も「ホストクラブ」によって作られた依存症の被害者です。

なんでこんなに詳しいかというと、実は僕も大昔は大阪の某ホストクラブのホストだったからです。

その頃は完全に「ホスト脳」になっていて、「売上」のことしか考えていませんでした。

これほどまでに客観的にホストの事を考えられるようになったのは時間のおかげと、今のグループで働けるようになったからです。

※今のグループには洗脳されてません。多分(笑)

依存症と共通する部分ですが、時間が経つ事で問題が解消されるのもホストの特徴です。

僕は元ホストだった経験から、ホス狂の女性を一般のような認識でとらえません。

辛さや悩み、困っていることも自分のことのように共感できます。

僕にホストの事で相談に来た女性に「嫌いにならなくて良いと思いますよ」と言った瞬間泣き崩れたこともありました。

ホストの手口を誰よりも詳しく知っているからこそ、「脱洗脳」の技術にも長けています。

大丈夫、ホストにハマるのは人生の中では一瞬のことです。

一生残るような身体的なダメージが無い限り10年後には笑い話にできるはずなんです。

でも、お酒のせいで身体がボロボロになったり、違法風俗や、違法サービスを繰り返した結果妊娠したりなどの「身体的なダメージ」に対しては警鐘を鳴らします。

依存症の恐ろしさを誰よりも知っているからこそ、上手くその力を転換すれば、人生を好転させることだってできます。

自分の考えや、理性を振り切って行動できるというのは上手く使うととてもつもない力を生み出すからです。

ホス狂の人はその力がホストに向いているだけです。

そしてそれは「今」だけです。

外の世界を知って、別の刺激を体感したり、一時的にでも徹底的にホストにハマって飽きてしまうのも解決するのには有効です。

ソープや違法デリヘルのようには稼げませんが、自分の身体や人生を大切にしながらでも稼げる方法があります。

ホストに1000万貢ぐために擦り切れるまで働いたホス狂女性。

あなたなら、自分の為にそこまで出来ますか?

もし出来るならあなたは必ずお金持ちになれます。

ホス狂の潜在的な力は凄まじいのです。

誰よりも辛い思いをして苦しんでるのに、誰にも理解されないホス狂。

今という刹那に全てを犠牲にして尽くす力。

ホス狂は依存症だと言いましたが、ハッキリ言って普通の恋愛だって依存症です。

女性なら誰もがホス狂になる危険性を持っています。

持っていないとしたら他人に興味がなく恋愛が出来ない女性です。

ホストクラブの魔力と仕組みに洗脳されて作り出されるホストとホス狂。

誰も悪くありません。

そして恋をする事は異常なことではありません。

ホス狂に疲れたら、良い解決方法があります。

そう!回春SAKURAに出稼ぎに来てついでに僕に相談することですww

ホス狂で困っている、または周りにホス狂のせいで困っているのなら、一度僕に話してみませんか?

あなたのことを絶対に否定しませんし、良い解決策を見つけるお手伝いをします。

エースになって、ボロボロになってる人には「2番じゃダメなんですか?」と秘策を教えます。

一度しかない人生。

ハマり倒して後悔しない為にも身体だけは大切にしましょう!

まずはLINEでお友達登録してメッセージください!

お問い合わせや、ちょっと話してみたいなという

場合は「オフィシャル求人サイト見ました!」とメッセージください!

店長一瀬

回春SAKURAではホス狂も出稼ぎも大歓迎です!

目標金額を明確に決めて貰えれば、待機時間や出勤日数などを細かく提案いたします!

どうすれば売れるか?お客さんに選んでもらえて稼げるか?
を曖昧にせずハッキリお伝えできるのが回春マッサージSAKURAの良さです。

ps.早速ツイッターからのDMありがとうございます!

読んでくださって嬉しいです!!

 

おすすめの記事