BLOGをご覧の皆様!

島根回春マッサージSAKURA店長の一瀬(いちのせ)です!

いつもBLOGをご覧くださりありがとうございます!

お店のお問い合わせメッセージにお客様より、このBLOGのご感想を頂きました!

 

お客様

店長さんのブログ、どしどし更新してください。

よく勉強されているのが分かるし、読み物としても素晴らしいと思います。

参考になると言うか、色々と考えてしまいます。

 

この女性求人BLOGって男性のお客様も見て頂いているんですね(笑)

嬉しいです!ありがとうございます!!!

今日はお客様が見てる事も意識して、

回春SAKURAが提供している

「サービス」について書いていきます。

※このお話しは当グループのTOPから聞いた話と、過去の店長から聞いた話を混ぜています。

女性の働きやすさと顧客満足度のバランス

 

女性の身体や精神的な負担が少なく、顧客の満足度を最大化する為には、どうすれば良いのか?

この理念に基づいて設計し、作られたのが回春SAKURAのサービス内容です。

もう昔の話になりますが、

お客様
風俗店に行くのは楽しいんだけど、帰りはなんか虚しいんだよな~

 

という声をお客様から聞くことが多々ありました。

女性の裸が見たい、いやらしいサービスを受けたい!と思って来店するはずなのに、プレイが終わると途端に虚しくなってしまう。

これはなぜだと思いますか?

プレイが全然上手では無いのに絶大な人気を誇る女性。

ルックスのレベルはとんでもなく高いのに全然売れない女性。

アンケートの結果はいつも100点なのに再指名されない女性。

お客様からの声と行動が一致しない。

女性から聞く声と実際の人気がリンクしない。

これが回春SAKURAをのサービス内容を設計する上で大きな課題でした。

そこで、視点を変えて、男性を喜ばせるのではなく女性を喜ばせる性的なテクニックは何か?を調べていくことにしたそうです。

女性は口を揃えて、以下のような情報を発信しています。

女性
激しくされるのは嫌

女性
力が強いのは嫌

女性
変な言葉責めをされるのは嫌

 

しかし、男性側の意見は

 

男性
Mな女性は激しくすればするほど喜ぶ

男性
女性は服従させると喜ぶ

男性
セックスが激しいと女性をイかせられる

という情報を発信している人が多く、主張する意見は男女全くの逆でした。

では実際の行動はどうなのでしょうか?

DVなどに代表される暴力彼氏から離れられない女性、ホストやスカウトマンにどっぷりハマってる女性。

色んな女性を抱きまくっても全く満足できない男性、風俗を利用してなお虚しいと話す男性。

嫌だと言いながらもハマってしまっている状態を作っている原因はいったいなんなのか?

その原因を見つけることで果たして

「満足度」に繋げることができるのだろうか?

調べれば調べるほど、わからなくなったそうです。

世界中のセックスに関する書物、

中国にある房中術(ぼうちゅうじゅつ)、

インドに伝わるカーマスートラ、

日本のアダム徳永が提唱するスローセックスに至っては、

実際に会社のTOPが習いに六本木まで足を運んで技術を教えてもらい、認定証まで頂いたそうです。

男性や女性を喜ばせるセックスの技法は確かにあります。

しかし、それを体得するだけで相手を満足させることができるかと言うと「難しい」というのが結論だったようです。

自称テクニシャンの男性を相手して

「全然気持ち良くなかった」

という女性は世の中に山のようにいます。

それに対し

「セックスが上手い!」

と呼ばれる男女がいるのも確かです。

いったいどういう事なんでしょうか?

提供するサービスについて考えれば考えるほど難しかったそうです。

 

SAKURAが開業する前の2009年頃、ちょうどデリバリーヘルスが全国に蔓延し、お客様からデリヘルのサービスが飽きられ始めていた頃です。

サービス内容は過激化し、女性はドンドン疲弊していっているのにお客様は減り続けるばかり。

過激なサービスを提供してもらってるにも関わず男性客の満足度も下がり続けていくばかりだったそうです。

回春SAKURAが理念として掲げているとは真逆で、

「女性の働きやすさと顧客満足度のバランス」

が全国的に下降している時期でした。

しかし、あることがきっかけで、女性の働きやすさと顧客満足度は両立できることに気付いたそうです。

それは「満足」という言葉そのものの意味を考えることにヒントがありました。

「満ち足りる」と書いて満足なのに、

「満腹の人を料理で喜ばせる方法」を一生懸命模索しているのだと気づいたのです。

つまり、

「空腹に勝る美味いもの無し」という言葉通り、

欲求や欲望の無いところにいくらサービスを行っても満足は得られないという事実です。

「増やすのではなく減らすこと」

この答えに気付いた時に、回春SAKURAのサービスの軸が生まれました。

お客さんにすぐに裸を見せない、

密室なのに触らせない

最後まで全裸にはならない。

どれも、デリヘル店に比べて性的なサービスは過激になるどころかかなり控えめなサービスです。

お客様との精神的な距離感も、

丁寧に礼儀を尽くすことで一定の距離をあけてプレイ開始まで距離を近づけ過ぎないことにしました。

女性が目の前にいて、下着姿になるのに触ることができない。

そこに丸出しのおっぱいがあるのに触ることができない。

時間いっぱい焦らされ、緩急をつけた手コキでイキそうになってもイカせてもらえない。

「我慢」してもらう事をサービスの中そのものに取り入れると、

お客さんの性的欲求はドンドン高まり
「性感」が劇的に向上するのです。

ですから、SAKURAのサービスのアプローチは

「強い」よりもむしろ

「弱い」を大切にしています。

我慢させられてる背中に、

ゆっくりと優しく温かい胸が触れてくる瞬間のドキドキは、


玄関でいきなり全裸になるデリヘルでは味わえない楽しさです。

女性の柔らかい身体がゆっくりと、そしてピッタリと密着してくる心地よさと、手以外で女性の身体の体温を感じるもどかしさ。

目の前で脱衣されるのをただじっと見つめる以外にない、シュチェーションは興奮度合いをドンドン増幅させていくのです。

我慢の限界に達している時に、お客様の興奮する様子を見て
、一緒に興奮してくれる女性の声に誘われながら体感する射精は、

通常の風俗店とは比べものにならない快感なのです。

 

「女性はサービス内容をしっかり覚えることで身体的な負担が減り、お客様の反応を見る余裕が生まれる」

 

「お客様はルールを守る事が制限やデメリットになるのではなく、快感につながるメリットになる!」

 

これがSAKURAのサービス設計の軸になりました。

このBLOGを見てくださる男性のお客様がいるなら、ぜひSAKURAのサービスを味わってみてください!

僕も男なので、お客さんの触りたい、見たい、エッチしたいなどの欲求は良く理解しているつもりです。

しかし、せっかくSAKURAに遊びに来てくださるのであれば、まずは

「我慢することで得られる快感!」を

存分に楽しんで頂きたいです!

ぶっちゃけですが、イッた後の爽快感が通常の風俗店と比べ物にならないほど気持良いはずですw

一通りの流れを楽しむのであれば、120分以上のコースを強くお薦めします!

女性求人でこのサイトを訪れた方!

生々しい話だったかもしれませんが、女性の身体に負担をかけない為にSAKURAではサービス研修に特に力を入れています!

「女性の働きやすさと顧客満足度のバランス」

この2つのバランスが最高だからこそ、SAKURAは最高で稼げるのです!

お客様に喜んで貰えればお金はガンガン稼げます!

そして、稼ぐ為の様々なバックアップを全力で行いますのでぜひSAKURAにお越しください!

 

店長一瀬

BLOGを見ている女性のあなたからのご応募をお待ちしています!

 

 

「オフィシャル求人サイト見ました!」とメッセージください!

おすすめの記事