BLOGをご覧の皆様こんにちは!

島根回春SAKURAの店長の一瀬(いちのせ)です!

早いものでもう年末ですね!

去年一年と、今年一年みなさんはどうお過ごしでしたか?

良くも悪くも、何か変化がありましたか?

今年こそは!来年こそは!と目標を立ててもなかなか変われない、元に戻ってしまう。

今日は「変わりたいけど変われない!」と考えてしまう人に向けて、僕の考えを書いてみたいと思います。

女性
今のお店は稼げないけど居心地が良いので…

先日面接にきてくれた女性も今のお店が暇で仕事が全然ないにも関わらず、環境を変えるのに抵抗感があったそうです。

月に23日働いても月収は30万円もない。

酷いときは20万円を切っている月もあったようです。

お店からは

「不況だから仕方ない」

「いまはどこのお店もこんなもの」

と言われて信じていたそうです。

嫌だ、嫌だと思いつつも、お店を変える事をせずについに月収が10万円を切ってしまい、やっとお店を変える決心をしたようです。

この女性の例だけではなく、環境や自分を変えたいと考えながらもなかなか実行に移せない人はたくさんいます。

頭では嫌だと考えながらもなかなか変われない、実行に移せないのは理由があります。

それは脳の処理の仕組みです。

気持の上では嫌だと思っていても実は、脳は「快適」だと考えているからです。

この快適な状態のことを
「コンフォートゾーン」
と言うそうです。

引きこもりや、ニート、ダイエット出来ない人も、今の状態が「快適」だと感じているからこそ、そこから抜け出せないのです。

お店が暇なら、接客しなくてすみます。

仕事に出かけている意識はあるし、暇な状態を自分の力ではなく、お店任せにしているので責任感も感じません。

収入的にヤバいと思っても、今が快適だから、「いつか前みたいに忙しくなる」と考えたり、「今度なんとかしよう」と考えて問題を先送りにしてしまいます。

では、この「コンフォートゾーン」は人の成長を邪魔するものなのでしょうか?

いいえ、コンフォートゾーンをうまく活用すれば、勝手に努力するように自分をコントロールしてくれるようになるのです。

例えば

「自分の価値や収入はこんなもんじゃない」

と心の底から思えていればいまの状態が不快になります。

例えば、時給1000円で働いていて、突然時給を800円に下げられたら不快になりませんか?

「もうやめてやる!」となるかもしれません。

今の現状で満足できるのはもしかすると

「情報の少なさ」

に原因があるのかもしれません。

先ほどの例で言うと、時給1000円で働いていたが、実は同じ仕事で時給1200円が相場かもしれません。

1200円が相場だと知ると、自分の状況や環境は何一つ変化していないのに「不快」になるはずです。

今まで快適だと思っていたコンフォートゾーンがずれるからです。

不快になると行動が始まります。

回春SAKURAでは、風俗業界とは思えないほどに高度なIT化を進めています。

女性の給料は出勤日数と稼働数を計算根拠にポイントを発行し月末に向けてドンドン歩合率が上がります。

最終的には、顧客から貰うほぼ100%が給料になります。

求人の為の「体験入店中は100%バック!」ではありません。

年中この仕組みで給料が貰えます。

出勤を頑張ってくれている女性にお店の利益を還元する仕組みです。

計算もシステムが自動で行うので間違いがありませんし、このポイントや給料をいつでも自分のスマホサイトから確認できます。

待機中でもお客さんにアプローチする仕組みがあります。

もし、お店に出勤して予約がなかった時にあなたならどうしますか?

山陰風俗情報に写メを投稿したり、連絡先を交換したお客さんに営業したりしますか?

回春SAKURAにはお客様と女性が1対多数でつながるSNS会員システムがあります。

働く女性同士、お客様同士は繋がりません。

お客様一人と、在籍女性全員。

女性一人と、会員様全員がやりとりできるSNSのシステムです。

待機中にページを開けば、今の時間にアクセスしている会員様と、いとも簡単に繋がる事ができます。

メッセージを送ったり、会員様のプロフィールを見て事前に好みを知る事もできます。

個人のプライべートな連絡先を交換しなくても、いつでも会員様に連絡することができるのです。

しかも、お店の管理下にあるツールなので店外デートの誘いやルールを破るお誘いは一切ありません。

こうして、女性がサイトの中を回覧するだけでも、会員様のページにあしあとが付くので集客力が生まれます。

全ては利用して頂く会員様との「縁」を切らさない為のものです。

「風俗にいったあとはなんか虚しくなる」というのは、女性から一人の男性としてみて貰えていないのにサービスを受けて帰っているからです。

女性から感謝の気持ちや、また会いたいという意思表示は、例えそれが全て本当でなかったとしても嫌な気持ちにはなりません。

風俗的なサービスが集客力を持っているのは間違いありませんが、また会いたいと思わせるのは、女性がお客さんを一人の男性として認識しているような接客ができるかどうかにかかっています。

この曖昧な部分を仕組みやマニュアルでカバーし、女性が働きやすい環境を構築しています。

最終的に女性の接客が男性を満足させるのが風俗ではありますが、そこに至るまでの

「チャンス」

は女性全員に平等に与えられるべきというのが回春SAKURAの考えです。

きちんと稼げていると、お客様に対する感謝が生まれます。

稼げずに、嫌なことばかりを我慢する接客は、実はお客様にとっても良いものではありません。

「ありがとう」

ありきたりですが、この言葉が循環するお店は「流行ります」

お店は集まって働いてくれる女性に日々感謝の気持ちを忘れずに、女性はお客さんに感謝する。

お客さんもお店や女性に感謝する。

このサイクルを上手く回していく為に

「女性の働きやすさと顧客満足度のバランス」をいつも意識しています。

世の中お金が全てではありませんが、お金でほとんどのことが解決できるのも事実です。

今の仕事、収入、将来、などに不満を持ちながらも現状を続ける「コンフォートゾーン」に居続けるか、今の現状を「情報」の力で正しく把握し、コンフォートゾーンを上げて、走りだすかはあなたの考え方次第です。

これから年末の繁忙期です。

今すぐの行動が来年一年のあなたの

「コンフォートゾーン」を大きく変えていくはずです。

まずは、回春SAKURAを知ってください。

「性病の危険性がなく、安全、安心でも高収入なお店」です。

「努力する機会、教育、仕組みを在籍する女性全員に提供している」という真面目なお店です。

「風俗業界というものに流されず、法人化(株式会社)しクリーンな経営を続けている」お店です。

12月は大きく稼げる

大チャンスです!!

 

100万円を超す給料を持ち帰る女性も1人、2人ではありません。

もし、この求人を見ているあなたが、男性のお客様であるなら、稼げずに困っている女性にぜひ教えてあげてください。

もし、この求人を見ているあなたが、働く場所を探している女性であるなら、今すぐにお問合せください。

景気も、流行りも、土地柄も回春SAKURAには一切影響いたしません。

「女性とお客さん」のことだけを集中して考えているからです。

まだ今年も1ヵ月と2週間ほどあります。

明日や、来年に先送りにせずに「変わりたい!」と思ったらすぐにご相談ください!

店長一瀬が真剣にあなたのお話しをお聞きいたします。

※只今女性応募キャンペーンを実施中!!

詳しくはLINEにてお知らせいたします!

「オフィシャル求人サイト見ました!」とメッセージください!

店長一瀬

「稼げていないけど今のお店が良い。」あなたがそのお店に入店した時からそう思っていましたか?

稼げるお店は、働く女性にもお客さんにも真剣です。

回春SAKURAは稼げるだけではなく、あなたにとって一番働きやすいお店を目指します。

僕にお任せください!

おすすめの記事